毛穴ケア

洗顔で毛穴の悩み解消!

年齢と共に毛穴の開きや黒ずみが気になる方も多いのではないでしょうか。

 

毛穴ケア洗顔

 

特にTゾーンや頬の内側は毛穴が開いたり黒ずんだりしやすく、かつ目立ちやすい部分でもあります。

 

多少の開きや黒ずみならやり過ごせますが、やはりどうしても気になってしまうはず。

 

どうせなら日頃の洗顔方法を改善して毛穴の黒ずみや開きとおさらばしませんか? 毎日継続して行うだけで、悩みが一つ改善出来るんです。
そんな気になる毛穴や黒ずみ、たるみの対処法を紹介します。

 

なぜ毛穴は開いたり黒ずんだりするのか?

対策のことを考える前に、どうして毛穴は開き、黒ずみを繰り返すのかを知っておく必要があります。

 

毛穴ケア洗顔

 

参考までに、なぜこうなるかというのを知って頂ければ毛穴に対する考えも変わるかもしれません。

 

毛穴に溜まる角柱と汚れ

主に、小鼻が黒くなる(いちご鼻)原因は、この毛穴に溜まる角柱と汚れが原因です。
毎日生活する上で顔は空気に触れ、多くの酸素を吸い込みますが、この工程で毛穴に汚れが溜まり、さらに黒ずみ始めます。 また肌から生まれる古くなった角質が角柱となり、皮脂と混ざって小鼻の頭に存在し始めます。

 

これらが小鼻に溜まっていくことで毛穴は開き、黒ずみが目立つようになります。
これが原因でいちご鼻になり、小鼻の化粧がよれたり、テカったりします。

 

毛穴から必要以上に分泌する皮脂

皮脂は、肌を潤す為に必要不可欠な物ですが、必要以上の皮脂が分泌され、これが毛穴から噴出されることで更に開きます。

 

毛穴ケア洗顔

 

毛穴のたるみも、この皮脂によって起こってしまうもので、不要な皮脂は毛穴に対する悩みを悪化させる原因なのです。
オイリー肌の方は特に皮脂の分泌が乾燥肌の方に比べて多いので、毛穴が開き、たるみやすくなっています。

 

洗顔の前にひと手間加えて毛穴ケア

洗顔は、朝晩と洗顔フォームを使用して行うかと思います。
この洗顔方法も間違ってはいないのですが、今回は毛穴に対する悩みの改善方法なので、ひと手間加えて行います。

 

まず洗顔する前に、ホットタオルを作ります。
水で濡らしたタオルをレンジで数十秒温めるか、お湯に付けたタオルで大丈夫です。

 

毛穴ケア洗顔

 

これを毛穴の気になる部分中心に乗せ、顔を温め毛穴を開かせます。
充分に開かせた後に、しっかり泡立てた洗顔フォームでマッサージするように洗います
ここで力を入れると肌にダメージを与え、毛穴まで行き届かないので優しく行うようにしてください。
充分洗ったところで、ぬるま湯で洗顔フォームを残らないように落とします。
この工程で大切なのが

 

  • ホットタオルで毛穴を開かせること
  • 泡立てた洗顔フォームで洗うこと

 

です。

 

毛穴ケア洗顔

 

毛穴を開かせた状態で洗顔することで、不要な分泌物や角柱が逃げやすくなり、それらを取り除くことが出来ます。
また、洗顔フォームをしっかり泡立てることでしっかり毛穴の奥まで掃除してくれ、綺麗な毛穴に仕上げてくれます。

 

ここで洗顔フォームを泡立てないまま洗うと、肌も傷つき、毛穴もしっかり洗えないので、100円ショップに売っているようなネットでキメの細かい泡を作って洗う事が毛穴ケアには大切です。

 

毛穴ケアには洗顔後が一番肝心!

洗顔が終わった後、これで終わったと安心してはいけません。
実はここからが毛穴ケアでは大切なんです!

 

洗顔が終わった後、そのままにしたりしていませんか?
これは毛穴が開いたり黒ずんだりたるんだりする原因の一つなんです。
洗顔が終わった後の毛穴は開いていて、分泌物こそは洗い流し終えたけどそこが穴になった状態です。
そのままだと毛穴が開きっぱなしで、空気中の物が入り込んできます。

 

なので、それを塞ぐかのようにもう一度冷水で毛穴を引き締めるように洗顔をしましょう。
二度洗顔をする暇がないという方は、ドライアイスのような物をタオルにくるんで冷やすのも手です。
とにかくクールダウンさせることで毛穴も閉じ、不要物の侵入を防ぎます。

 

また、必要な分泌物も逃げにくくなるので、肌にとってもプラスな工程になります。
その後必要に応じて化粧水等を付けると更に蓋をされるので、毛穴のたるみはもちろん、開きやすさや黒ずみを防いでいきます。

 

定期的なスクラブ洗顔で毛穴ケア

通常の洗顔に加えて、洗顔用スクラブを使用し、古い角質を取ることで毛穴ケアが進み、更に黒ずみや開きが気にならなくなります。
毛穴に詰まった物を取ってくれるので、肌が滑らかになり化粧ものりやすくなるので一石二鳥です。

 

毛穴ケア洗顔

 

スクラブは、顔全体に使用するというよりも気になる箇所に重点を置いて行うのが一番効果的です。
毛穴が開き黒ずみやすい小鼻を中心に両頬やTゾーン、また毛穴が気になるところをメインに優しくマッサージするように洗顔しましょう。

 

あまり力を入れると肌を傷つけてしまう恐れがあるので要注意です。
ただこれは毎日するものではなく、1週間に1〜2回を目安に行いましょう。

 

定期的に行うことで、不必要な分泌物を排除してくれ、毛穴ケアにとても有効です。
スクラブを使用する上での注意点としては、目元などのデリケートな部分は必ず避けて行うようにしましょう。
皮膚が薄いところをスクラブで洗顔してしまうと皮膚が傷つくので、かえって逆効果になってしまいます。

 

更にニキビが出来ていたり、肌質が敏感な時期だと使用は控えておいた方が良いです。
スクラブは正しい使い方をしてこそ効果が表れるものなので、使用前にしっかり注意書きを読んでおくことをおすすめします。

 

毛穴ケアに効く洗顔フォーム

洗顔をするには、やはり毛穴ケアに効果的な洗顔フォームを使用して洗顔をした方が期待も出来ます。
ただこれは肌に合うあわないがあるので、自分の肌に合った洗顔フォームを使用する事が一番ですが、毛穴ケアに効果的な洗顔フォームを紹介します。

 

どろ豆乳石鹸どろあわわ

何といってもどろあわわは泡の弾力が凄く、キメの細かさもダントツで素晴らしいです。
どろあわわに含まている成分の効果によって、より毛穴の汚れを掃除してくれ、すっきりした感覚を取り戻せます。

 

毛穴ケア洗顔

 

毛穴の掃除だけでなく肌の出来物が無くなったという効果も感じることが出来ます。 また使用している人が多く、肌が綺麗になったという声も多いので安心して使用できます。

 

ファンケル洗顔パウダー

洗顔パウダーという珍しいタイプの洗顔料ですが、刺激が少なく敏感肌の方でも使用が出来る優れものです。
無添加なので、肌に負担をかけずに毛穴の汚れを取ってくれるのも魅力です。
毛穴の掃除が終わった後の化粧水の浸透も良く、肌に潤いをしっかり残したまま洗顔が出来ます。
また値段が安く、気軽に試しやすい毛穴ケア洗顔料です。

 

放置厳禁!皮脂汚れが毛穴にもたらす影響

休日朝起きて顔を洗わず過ごしちゃう、そんなことってありますよね?
ですが、
寝起きは皮脂が沢山分泌されています。

 

その皮脂は時間の経過と共に酸化が起き、不飽和脂肪酸となります。
これが毛穴周りを硬い皮膚とさせる原因です。

 

毛穴周りが硬くなると皮膚そのものが広がったままぽっかりと、形を留めます。
ぬるま湯で洗うだけでも汚れの80パーセントは除去できるので寝起きは皮脂を洗い流しましょう!

 

毛穴ケア洗顔

 

また拭き取り化粧水を取り入れるのも良いでしょう。
なるべく肌に負担をかけない柔らかいコットンで優しく皮脂を拭き取ります。
過剰なケアは厳禁ですが、余分な皮脂汚れが肌に滞在することはニキビや、毛穴の黒ずみの原因にもなりますので、肌の状態に応じて使い分けましょう。
また基本的に肌は強くこすったり、刺激をあたえるのは良くありませんが週1〜2回ほどの頻度で、微細のマイクロ毛で出来た洗顔ブラシを利用するのも毛穴ケアにはおすすめ。
髪の毛より細い0.05ミクロン〜50ミクロンの洗顔ブラシがおすすめです。

 

手では落としきれない汚れも洗い上がりつるつるになりますよ!
とはいえニキビがある時期や、アトピーの方は避けるのが無難でしょう。

 

洗顔で毛穴ケアをするということ<まとめ>

洗顔で毛穴のケアをすることって、何よりも大切だけど本当にシンプルな方法です。

 

誰でも実践することが出来、尚且つ毎日続けやすいものです。
私も以前、毛穴の黒ずみが酷く悩まされていた時期があり、どうにかならないかと色んな方法を試した経験があります。
その中でも最も効果があった方法が、この洗顔方法の改善でした。
普段の洗顔に手間を加えたり、工夫をすることによって、自分の悩みが一つ消えると思うと嬉しいですよね。

 

毛穴ケア洗顔

 

また、洗顔料にもこだわりを持つことで、まさに毛穴の悩み知らずの肌になることだって可能です。
毛穴ケアだけでなく、肌もなめらかになり、化粧が凄くのりやすく崩れ知らずになるので損することは一つもありません。
これらの事を実践して、今ではなめらかですっぴんでも外に出れる肌にまで仕上げることが出来ました。

 

もちろん小鼻の黒ずみはなく、毛穴も閉まっていてたるみ知らずです♪
化粧ものりが良く、崩れることがありません。
注意事項さえしっかり守れば今家にある洗顔料でも実践することが可能なので、是非毛穴ケアで悩んでいる方にはおすすめします。

 

この記事のライター: milky